HOME>記事一覧>不動産投資では貸すために動くことが必要になる

入居者を募集する

間取り図

不動産投資では、家を購入したり、保有する家があるなら家を貸すために、入居者の募集に動きます。管理会社によっては、仲介部門があったり、提携している仲介会社があったりします。個人でならば、SNSを活用したり、人伝で紹介してもらったりして入居者を探すこともあります。ですが、一般的には賃貸の仲介会社にお願いして、入居者の募集を行います。仲介会社は入居希望者がいれば案内をしてくれますし、審査を行い、問題なければ家を貸す契約となります。

貸すための工夫

家

家を貸すにしても、入居者が決まらないのならば、貸すことさえできません。その場合には、見学に備えて部屋をきれいにしたり、簡単なリフォームをしたり、家賃の金額を下げたりする努力も必要です。もちろん、ハウスクリーニング、リフォーム会社などのサービスを利用できます。それだけ、不動産投資はリスクなしではないものであり、一定期間の無料で賃貸したりするサービスの工夫も提案されています。ちなみに、家賃に関しては、その地域で実際に様々な物件を仲介している会社が事情をよく知っています。査定や写真の撮影に来てくれる仲介会社もあり、早く入居者が見つかるサービスになります。

広告募集中