不動産会社に支払うお金

家

自分の家にだれも住んでいない場合には、これを人に貸すことにより収益を得ることが可能になります。この場合には、自分で広告を出して貸すのは難しいため、不動産会社を仲介して広告を出してもらうしかありません。不動産会社を利用するためには、不動産会社の中でも賃貸住宅専門の不動産会社を選ぶと良いでしょう。仲介に必要なお金は、賃料の1か月分程度になります。広告を出すだけでは特にお金は必要はありませんが、賃貸契約に結び付いた場合には賃料の1か月分を不動産会社に支払う仕組みです。これにより、不動産会社は利益を得ることができます。当然ながら、家を貸す方も顧客を見つけることができたためメリットがあり、お互いウィンウィンの関係を築くことができるでしょう。

リフォーム費用なども考えておきたい

積み木

これから家を貸すことを考えている場合には、家を貸すことによって得られる収益も重要になりますが、家の維持という意味においてリフォーム費用なども考えておきたいところです。通常リフォーム費用がすぐに発生する訳ではありませんが、築10年以上の住宅の場合には一度リフォームをして化した方がよいでしょう。部屋全体をリフォームすることによって、非常にきれいな状態を維持することができます。壁紙を変えるのは当然ですが、水回りなど問題がある部分に関しては一新してきれいな状態を維持することで、魅力ある住宅をアピールできるでしょう。

不動産収益がある

男女

これから家を貸す場合には、明確な目的があるはずです。一つは、不動産収益になります。例えば家賃\80000で家を貸した場合には、借り主が見つかれば毎月\80000ずつの収入を得ることができます。いわゆる不労所得と呼ばれるもので、その\80000は自分が何もしなくても入ってくるお金になります。サラリーマンをしていても、副収入を得ることができる点は大きな魅力で、もし余っている家があれば積極的に第3者に貸してしまった方がよいかもしれません。

税金対策や建物の維持にもなる

男性

親から相続した住宅などは、そこに自分たちが住むことが予定されているならばよいですが、そうでない場合は空き家になってしまいます。空き家の状態が長く続くと、建物の維持などにお金がかかってしまい、無駄が多くないでしょう。このような場合は、建物の維持のために人に家を貸すことを決断したほうがよいかもしれません。だれも住まない建物よりも、普段から人が住んでいる建物の方が長持ちする可能性が高いです。後は、税金対策にもなります。完全に空き地にしてしまう状態だと、建物が建築されているよりも6倍の固定資産税を支払わなければいけません。これを避けるために、建物を維持した状態で人に貸すことで税金を抑えることができます。

広告募集中